ゴルフスイング上達 まっすぐ飛ばして飛距離とスコアをアップ

再現性のあるゴルフスイング法で、安定してまっすぐ飛ばして飛距離とスコアをアップを実現

テークバックがダメと言い切る間違い

2012年8月24日 5:52 PM | 未分類 | コメント非表示

ミスショットが多いと言う人の原因の8割はテークバックと言われております。

ショットは、クラブヘッドがトップに行った時に決まります。

これが正しい状態ではないと、ミスショットとなってしまいます。

なので、ここを改善しなくてはいつまでもミスショットを続けてしまいます。

もし、飛距離を出したくて肩を大きく回して頑張っていたら、それは大きな間違いです。

そもそも多くの人が体重移動を重視しているかと思いますが、残念ながら、それは

間違っているのです。

なぜなら、体重移動をすることで、ボールは曲がって行ってしまいうからです。

飛距離はよくても曲がっしまう・・・というように思うように飛んで行っては

くれなくなってしまいます。

テークバックは、左足加重70~75%でアドレスをして、トップで左足加重80~85%で

体を立っている状態にして左ひざを上手に使うのがポイントです。

体重移動の考え方変えることで、あきらかに違いがでてきます。

初めは慣れないことをするので、難しいと思うかもしれません。

ですが、体がしっかりと基本を覚えていくことで、曲がることなく安定したショット

打てるようになります。おのずと自然に飛距離もアップしていくことに繋がります。

テークバックを改善して、ミスショットをなくしましょう!

  ↓↓

短時間睡眠の秘訣
左脳を使った新しい速読法
モテない男性必見 恋愛成功の秘訣

コメントは停止中です。