ゴルフスイング上達 まっすぐ飛ばして飛距離とスコアをアップ

再現性のあるゴルフスイング法で、安定してまっすぐ飛ばして飛距離とスコアをアップを実現

スイングでミスをする人はフォームが原因なのでは?

2012年8月24日 6:08 PM | 未分類 | コメント非表示

スイングでミスする人のほとんどはフォームに安定性がありません。

コースに出たらうまくいかないということは良くある話です。

ですが・・・実はこれ、おかしな話なのです。

本来、どんなクラブであってもスイングは同じ軌道でなくてはなりません。

すると、どんな時でもいつも同じ状態になるはずなので、思ったように

ボールは飛んでくれるはずなのです。

ということは、ミスをするといことは、同じ軌道ではないということが

言えるのです。

間違ったフォームであるため、スイングミスとなるので。

そんなことは、分かっている!実際にやるとそうはいかなんだ!

一生懸命しているのに…

と思っているのであれば、そもそもそれが間違っているのかもしれません。

なぜなら、正しいと思っているスイング理論が間違っているかもしれ

ないからです。

よく「腕を振って腰を回す」と言います。

ですが、タイミングが合わなければ、フックやスライスとミスに繋がっていきます。

このタイミングを合わせるのは難しいことです。

しかし、これを1セットにしていくことでタイミングを合わせる必要がなくなるのです。

きちんしたフォームに改善してミスをなくしていきしょう!

間違った理論でスイングをダメにしていませんか?

正しい理論を身につけるならここ

  ↓↓

左脳を使った新しい速読法
モテない男性必見 恋愛成功の秘訣
短時間睡眠の秘訣

コメントは停止中です。